個人年金保険のメリットとデメリット

個人年金保険に興味はあるけれど、どこから手をつけていえば良いのかわからない人に個人年金保険のメリットとデメリットを紹介します。

 

個人年金保険はお金が貯まります

自分で日々の生活を上手にやりくりしてお金を貯めることが得意な人は、あまりこの保険に興味はわかないでしょう。

 

またがんがん投資をして、自分の財産を増やしたいと考えている人も高額な年金を受け取れるわけではないので、個人年金保険の加入を避ける傾向にあるようです。

 

しかしお金を貯めるのがどうにも苦手な人は、個人年金保険が老後のお金を貯める大きなメリットにつながります。

 

この保険の仕組みは基本的に保険料を銀行引き落としで支払うので、自分で管理するというよりも、自然に半ば強制的にお金が貯まって行く事になるのです。

 

自分でお金の管理やお金を貯めることが苦手な人は個人年金保険を検討してみると良いでしょう。

 

個人年金保険の特徴

個人年金保険は一定額を一定の期間計画的に銀行に振り込んでいく方式をとっています。

 

そのため多額のお金をすぐに手元に持ちたいという人には、その仕組みが逆にデメリットになります。

 

しかし毎月の生活に十分なだけのお金が手に入ればいいと思っているならば、メリットになります。

 

自分の老後に不安を感じている人も多くいるでしょう。

 

そのような方はもちろん公的年金に頼る方も多いでしょうが、日本が高齢化社会を迎えていることを考えると、公的年金だけに頼るのは不安になりますよね。

 

そんな方は公的年金と併用してこの個人年金保険を利用すると老後の不安を少しでも減らすことができます。

 

早く加入すればするほど、もらえる金額も多くなってくるので早めに加入を検討しましょう。

 

決めた後に、あれがよかった、これがよかったと後悔したり、インフレへの不安が募っている人は後から後悔することになりかねないので、個人年金保険は避けた方がよいかもしれません。

 

個人年金保険の受け取り方法

個人年金保険の受け取り方法には、確定型終身型のふたつがあります。

 

確定型のメリット

確定型の良いところは何年間年金を受け取ることができるか決まっているところです。

 

決まった年数を設定できるので、自分が生きている間にできる限りの額を受け取りたいと思っている人にはぴったりです。

 

しかし被保険者が亡くなるとその時点で終了してしまうのがデメリットです。

 

終身型のメリット

終身型の良いところは長生きすればするほどたくさんのお金を受け取ることができるという点です。

 

途中で亡くなってしまうと全額受け取ることができないので、自分の健康状態をしっかりと見極めることも大切になってきます。

 

生命保険の見直しについて

個人年金のほかに生命保険を見直すのであれば、保険相談サービスを利用するのが便利です。

 

現在、保険のビュッフェでは保険無料相談を体験された人にJCBの商品券5,000円分のプレゼントキャンペーンを行っております!

 

これを機に一度相談してみるといいですよ!

 

>>保険のビュッフェ 商品券プレゼントキャンペーンはこちら